SPECIAL PROJECTS

スペシャルプロジェクト

HOME > クイックデッキ

世界標準の高い安全性と効率性の
吊り足場「QuikDeck」(クイックデッキ)

今ハイスペックフロアソリューション「QuikDeck(クイックデッキ)」は、これまでアクセスの困難であった橋梁、プラント、造船、大空間建築などのメンテナンス工事に、その高い安全性と施工性、そして効率性を発揮いたします。
また、豊富な製品ラインナップとエンジニアリング力で、働きやすい安心感のある作業空間を提供し、より快適で安全な作業の進捗にお役立ていただけます。
世界の名だたる橋梁やプラント、建築物での豊富な採用実績で蓄積されたノウハウをベースとし、日本国内で求められている厳しい安全基準と施工条件をクリアできる能力を高い次元で融合させた、革命的な吊り足場です。

令和元年度『準推奨技術』(新技術活用システム検討会議(国土交通省))
登録番号:TH-150007-VE

先行床施工式フロア型システム吊足場

QuikDeckPAT.P

簡易な組立

基本構成部材は全てシステム化されており専用工具を必要とせず人力で組み立て可能です。

高いシステム強度

トラス構造により高い強度と軽量化を実現したジョイスト(主梁)と専用の高強度チェーンの組み合わせにより最大積載荷重350kg/㎡、最大吊チェーンピッチ5m×5mを実現。

今までの困難な足場架設を安全にスピーディーに

高い部材剛性と水平旋回式の組立方法により吊点からの跳ね出し最大5mの先行床施行で作業床を高所での危険作業なしで安全な施工可能に。

快適な作業空間の提供

広い吊チェーン間隔とたわみが少なく段差や開口の無い快適な作業空間を提供。

ユニット吊り込みにより高所作業を激減

最大12.5m×7.5mの床ユニットを4点で吊り上げ可能。
同様に組み上げた床ユニットを立て吊りにして落とし込みが可能。
地上での地組み作業を最大限にすることにより高所作業を最小限にし安全性を向上させながら工期の短縮が図れます。

多彩なオプションによりさまざまな施工障害をクリア

ジョイスト(主梁)の様々な箇所からチェーンでの吊り下げが可能なので吊元に制約される事もなく構造物の限定された吊元からも吊り下げが可能。
足場内の障害物も床材のオプションパーツにより開口、段差のない作業床を提供できます。

設営フロー例

ロックボルト構台

経済性・施工性がアップした軽量化バージョン

QuikDeckLight

QuikDeckより1平米あたり約35%重さを軽減し、ひとりでの組立が可能になりました。
QuikDeckとの接続が可能で、互換性があり、用途によって使い分けることにより
組立スピードがさらにクイックになり、トータルコストの削減にもつながります。

先行床施工式フロア型システム吊足場

QuikDeckPAT.

経済性・施工性がアップし軽量化

QuikDeckLight

備考
基本モジュール W 2496mm × L 2496mm W 2496mm × L 2496mm 現行通り
跳ね出し設置 4992mmまで 4992mmまで 2スパン→1スパン
最大積載荷重:4点支持内 350kg/㎡(吊り元の条件による) 200kg/㎡
最大積載荷重:跳ね出し部分 200kg/㎡ 120〜200kg/㎡ 跳ね出し量
(2.5〜1.3m)
により変動
最小構成高(厚み) 406mm 300〜280mm程度
自重(割付による) 30〜45kg/㎡(割付による) 22〜32kg/㎡(割付による) 現行の30%減程度
組立工数 10〜20%ダウン 組立方法による

効率的に仕事を進める機能の前にそれが安全性を犯していないかが大事!

安全衛生の徹底した取り組みとは、職場における人名尊重を最優先に考え、安全と健康を担保しつつ業務を遂行維持する為、労働福祉が基本にあり重要な社会的責任を果たす事です。
言葉では、安心、安全と簡単に言えますが、実際には、ひと手間もふた手間もかかる事や、時には想定外の費用を投じなければならない事もあります。また、工事依頼が殺到し、多忙を極める中であっても、安全の担保は冷静に確実に行わなければいけません。
私が思う安全な環境とは、立派な保安設備や最新の安全用具を用いて対策する事ももちろん大切ですが、それ以上に、一人一人が自主的に安全の確保に努め、常に危険性を意識しながら作業にあたる事が最も大切な事だと位置づけ、安全性をより高める仕組みや教育を構築しています。